偏差値を30上げる方法~勉強ができない子の成績を上げる3つの極意

偏差値30台からなかなか上がらない。

もうすぐ受験なのに、うちの子は勉強できなくて…

そんなお悩みありませんか?

こんにちは♪『なまらじん!』編集長のAIKOです。

「偏差値だけが全てじゃない」と感じるついこの頃ですが、お子さんをお持ちの方々としては、成績は気になる問題ですよね。

とりあえず塾に行かせてみたけれど、成績が上がらない。

家庭教師を付けてみたけれど、勉強する気がおきないみたいで心配…という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、学生時代に個別指導の教師として、5人以上の子供たちの偏差値を20~30⇒50~60にアップさせてきた私が考える、偏差値(成績)アップの3つの極意をお伝えしたいと思います。

偏差値を30上げる方法① 一斉授業の塾ではなく個別指導もしくは家庭教師を選ぶ

偏差値を30上げる方法の1つ目は、「一斉授業の塾ではなく個別指導もしくは家庭教師を選ぶ」です。

成績の良い子(偏差値60以上)の子と勉強が苦手だよという子の差として、主に下記の3つがあげられます。

  1. 『勉強をする習慣が身についているかどうか』
  2. 『授業を聞いていて取り残されることが多いかどうか』
  3. 『わからないことを聞けるかどうか』

成績の良い子の親御さんに話を聞くと、「うちの子には勉強しなさいと言ったことがない」という方が結構います。

というのも、成績の良い子は「家に帰ったら宿題をする」「授業はまじめに受ける」という、勉強をする習慣が身についているケースが多いからです。

逆に、勉強が苦手だよという子の親御さんに話を聞くと、「毎日、勉強しなさいと言っているのに、しないんです」という方が大半です。

勉強をする習慣さえあれば、たとえ塾に行かなくても、学校の授業だけで良い成績を上げることも不可能ではありません。

しかし、勉強をする習慣のない子に、ただ「勉強をしなさい」と言ったところで、どうやって勉強したらいいかという『勉強法そのもの』が分からず、困ってしまいます。

そこで、やはり外部の力(塾や家庭教師など)に頼るなどして、『勉強をする習慣を身につける』必要があります。

但し、勉強が苦手な子を一斉授業式の塾に通わせたとしても、成績は上がりづらいです。

一斉授業式の塾に関しては、学校の授業とほぼ同じ方式なので、学校の授業に取り残されている場合、同様に塾の授業でも取り残される確率が高いためです。

勉強が苦手な子は成績がいい子と比べると、内容を理解するのに少し時間がかかったり、より多くの反復学習を必要とする子が多いですが、『時間をかければわかる子』がほとんどです。

その為、個別指導でその子のペースで学習を進めてあげることで、劇的に成績が改善する可能性が高まります

また、勉強が苦手な子ほど、分からない内容を先生に質問することが苦手という子が多い傾向があります。

「わからない」ことが恥ずかしいことだと思っていたり、「何が分からないか」が分からなかったりするからです。

この点に関しても、個別指導方式であれば、より質問もしやすいですし、先生の側から「何がわからないか」を探ってもらうことができるので、理解が深まる可能性が高くなります。

従って、お子さんを塾に行かせようか迷っているという方には、①『個別指導方式』の塾or②『家庭教師』のどちらかがおすすめです。

偏差値を30上げる方法② 小学校4年生or中学2年生からやり直す

また、勉強が苦手な子に共通してみられる特徴として、『基礎』が分かっていないというケースが多々見られます。

例えば、因数分解の公式は覚えているのに、計算ミスが多すぎて結果0点になってしまう。

難しい英単語は覚えているのに、文法がわからず50%の確率でしか正答できない。

という例は少なくありません。

応用部分に関しては分かっているのに、基礎ができていないばっかりに成績が上がらないというのは非常にもったいないです!

そこで、『基礎』から復習しなおすことが効果的です。

小学校・中学校の総復習ワークなどをザッとやり、大事な基礎部分で分からないことを減らすことで、成績はかなりアップします。

遅れないようにと、「先の内容へ進みたい」或いは「同学年の内容を勉強してほしい」と思うかもしれませんが、基礎ができない限り、偏差値が大幅にアップすることは不可能と言っても過言ではありません。

一度立ち返ってみましょう。

なお、多くの子供たちがつまずくポイントは小学校4年生もしくは中学校2年生の内容からです。

そのあたりの総復習ワーク(薄いもの:あまり分厚いワークだとやる気も時間も失くしてしまうので)をやるようにするといいでしょう。

偏差値を30上げる方法③ 成功体験を作り出す

偏差値を30上げる方法、さいごの3つ目は、『成功体験を作り出す』です。

これは、大人にも言えることですが、1回成功体験をすると、それが自信になり、次からより高いパフォーマンスを発揮できるようになります。

特に、『勉強』に関しては、嫌々やるのと「がんばろう」と思ってやるのとでは、内容の身につき度合いが大きく異なります。

1回でも、あるいは1教科でもテストでいい点数が取れると、子供たちは一生懸命勉強するようになります。

まずは、その子が成績を上げやすい教科などに注力して、『成功体験』を作り出し、その成功を一緒に喜ぶことで「やる気アップ⇒成績アップ」の流れを生み出しましょう

なお、「テストの点数が10点上がった!」と喜んでいる子に、「10点くらいじゃまだダメだよ」「もっとがんばりなさい」などと言ってしまいたくなる方もいるかもしれませんが、こうした発言は子供のやる気を阻害してしまいます。

どんなに小さな成果であったとしても、一緒に喜ぶようにした方が、結果として更なる成績アップにつながりやすいです。

「もっともっと…」と言う前に、少しの変化を喜びましょう。

まとめ

偏差値を30上げる3つの極意は以下の通りです。

偏差値を30上げる方法① 一斉授業の塾ではなく個別指導もしくは家庭教師を選ぶ

偏差値を30上げる方法② 小学校4年生or中学校2年生からやり直す

偏差値を30上げる方法③ 成功体験を作り出す

上記の3つをやるだけでも、偏差値や成績の大幅アップは十分に可能です。

できることから試してみてはいかがでしょうか。

偏差値や成績が全てではありませんが、「努力すること」や「努力の結果としての成功」を子供時代から体験することは、大人になった時の支えになると思います。

【おすすめ記事】

ビジネスに役立つおすすめの本。~『伝え方が9割』佐々木圭一著

札幌市のおしゃれカフェ3選 ≪円山周辺≫

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク