札幌市で子育てしやすいエリアは?-札幌移住で後悔しない方法-

札幌への転勤が決まったものの、全く土地勘がない。

家族で札幌市移住したいけど、どこに住めばいいか分からない。

そんなお悩みありませんか?

こんにちは♪『なまらじん』編集長のAIKOです。

知らない土地への転勤や移住って情報集めが大変ですよね。

ましてや、子どもを連れての引っ越しだと、子育て環境の良し悪しは、生活へ大きく影響します。

そこで今回は、札幌移住歴5年の私が考える「札幌市で子育てしやすいエリアベスト5」をご紹介します♪

≪この記事を読んだ方には下記の記事もおすすめです。≫

札幌市のお部屋探しのコツとは?~移住者必見の3つのポイント

札幌駅付近で一人飲みにオススメなお店≪5選≫

お菓子以外の手土産でおすすめな5つのもの-ビジネス編-

札幌移住で後悔しない為の3つの条件

札幌市で子育てしやすいエリアをご紹介する前に、「札幌移住で後悔しない為の3つの条件」をお伝えします。

札幌移住で後悔しない方法① 地下鉄徒歩10分圏内を選ぶ

札幌移住で後悔しないための前提条件の1つ目は、「地下鉄駅徒歩10分圏内」を選ぶというものです。

札幌の冬の雪道は、非常に歩きづらく、雪に慣れていない人の場合、かなりの負担となります。

特に小さなお子さんを連れていると、駅徒歩15分のエリアでも、20~30分近くかかる場合もあり、毎日のこととなると大変です。

赤ちゃんを連れている方や妊娠中の方だと、転倒のリスクも高まります。

そのため、移住したての時は「地下鉄駅徒歩10分圏内」の場所を選ぶのが安心!

雪国育ちでない方にはイメージしづらいかもしれませんが、JRやバスでの通勤・通学の場合は、雪で遅延することが多々ある為、冬場は30分~1時間前に家を出るという方が多いです。

「通勤・通学の負担」や「家族で過ごす時間が減ってしまう」ことを考慮しても、やはり「地下鉄沿線沿い」に住むのがおすすめです。

(出典:札幌市交通局 公式サイト

札幌移住で後悔しない方法② 商業施設(スーパーなど)から徒歩15分圏内を選ぶ

また、同様に冬道の歩きづらさを考慮し、「商業施設(スーパー)」からも徒歩15分圏内を選ぶのがおすすめです。

北海道外の方には、見慣れない光景かもしれませんが、札幌市の場合、小学校2年生以下の子どもを連れているお母さんたちは、「子どもやスーパーで買った食材を、そりに乗せて引っ張って歩いている」方が結構いらっしゃいます。

(出典:@nifty:デイリーポータルZ:ソリ引くお母さん

買った荷物を抱えながら、子どもの手を引いて歩くより、いっそ「そりに乗せて引っ張る」方が効率的なんですね。

ただ、これも結構重たいので、徒歩10~15分が限界だと思います。

「車が無い」「雪道の運転が怖い」という方は、特に「商業施設(スーパー)」から徒歩15分圏内のエリアに住むといいでしょう。

札幌移住で後悔しない方法③ 雪かきをしなくて良い物件を選ぶ

札幌移住で後悔しない方法の3つ目は、「雪かきをしなくて良い物件を選ぶ」というものです。

雪国育ちの方には慣れたものかもしれませんが、雪の少ないエリアから移住する場合、「慣れない雪かき」は結構な負担となります。

一軒家の場合は、雪かきは避けて通れない道かもしれませんが、マンションやアパートなどは、雪かきを管理人さんや業者さんがやってくれる物件があります。

札幌での暮らしに慣れるまでは、「雪かき無しの環境」を選んでみてはいかがでしょうか。

札幌市で子育てしやすいエリアベスト5

では、ここからは具体的に、私の考える「札幌市で子育てしやすいエリア ベスト5」をご紹介します。

札幌市で子育てしやすいエリア 第1位 麻生エリア

(出典:麻生ナビ

子育て環境:★★★★★

賃料   :★★★★★

交通の便 :★★★★☆

商業施設 :★★★★☆

地下鉄南北線、北の終点である「麻生駅」エリアは、私が子育てするなら住みたいと思っているエリアです。

理由としては、子育て環境(子育て支援や地域コミュニティ、公園など)が優れていて、②賃料も安く、③利便性が良い(麻生駅すぐにマックスバリューなどの商業施設があったり、JR新琴似駅とのWアクセスも可能だだったり)など、全てにおいてバランスが取れているという点です。

札幌エリアには、麻生以外にも「子育て環境」に優れている地域や、「利便性」が良い地域はありますが、それらはどうしても「賃料が高い」印象があります。

「麻生は終点だから街中から遠いのでは?」と思われがちですが、地下鉄南北線の走行距離は意外と短いので、大通駅まで11分で着くので、通勤も楽なんです!

また、地下鉄南北線は「大通駅」だけでなく「さっぽろ駅」にも1本で行けるので、東西線のように乗り換える必要が無く、便利なんですね。

子育てするのに、バランスが良いまち、『麻生』

移住先として、一度、検討してみたらいかがでしょうか。

【SUUMO】麻生駅の賃貸(賃貸マンション・アパート)住宅

札幌市で子育てしやすいエリア 第2位 円山エリア

(出典:マルヤマクラス 公式サイト

子育て環境:★★★★★

賃料   :★★☆☆☆

交通の便 :★★★★☆

商業施設 :★★★★☆

地下鉄東西線、円山公園駅付近の「円山エリア」は言わずと知れた札幌の高級住宅街です。

治安も良く、住んでいる方達も上品な方が多いので、「良い環境で勉強させたい」という方や「都会だけど自然も豊富な環境で子育てしたい」という方におすすめ。

円山公園駅には、「マルヤマクラス」という商業施設も直結されているので、利便性も良いです。

ただ1点難点なのは、家賃が高いというところ。

だいたい、札幌市の相場の1.5倍くらいの賃料が多いので、「家賃は安い方が~」という方は、他のエリアも探してみましょう。

【SUUMO】円山公園駅の賃貸(賃貸マンション・アパート)住宅

札幌市で子育てしやすいエリア 第3位 琴似エリア

(出典:琴似エリア | まちマガ

子育て環境:★★★☆☆

賃料   :★★★☆☆

交通の便 :★★★☆☆

商業施設 :★★★★☆

『琴似』は、地下鉄東西線琴似駅からJR琴似駅まで「商店街」が続き、大型商業施設(イオンやイトーヨーカドー)もある、活気のある街です。

商業施設だけでなく、「病院」も多いので、小さいお子さんが居ても安心。

やや、雑然とした印象もありますが、治安は悪くありません。

麻生や円山と比べると、自然はやや少ない気もしますが、全体的なバランスも良いので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

【SUUMO】琴似駅の賃貸(賃貸マンション・アパート)住宅

札幌市で子育てしやすいエリア 第4位 平岸エリア

(出典:平岸エリア | まちマガ

子育て環境:★★★☆☆

賃料   :★★★☆☆

交通の便 :★★★☆☆

商業施設 :★★☆☆☆

地下鉄南北線『平岸』エリアは、自然環境ゆたかで、ゆったりとした子育てに適したエリアです。

近所にスーパーもあり、病院や子育てサロンもあるので、転勤したてでも安心。

大通駅や札幌駅までも15分以内に行けるので、利便性も◎。

華やかさはないですが、自然環境を重視したい方におすすめです。

【SUUMO】平岸駅の賃貸(賃貸マンション・アパート)住宅

札幌市で子育てしやすいエリア 第5位 新さっぽろエリア

(出典:ファンタジーキッズリゾート 新さっぽろ店 公式サイト

子育て環境:★★★☆☆

賃料   :★★★★☆

交通の便 :★☆☆☆☆

商業施設 :★★★☆☆

地下鉄東西線、東の終点「新さっぽろ駅」エリア。

サンピアザという商業施設や水族館、ファンタジーキッズリゾートという遊び場があったりと、街中に出なくても楽しめる環境がそろっています。

他のエリアと比べて、大通や札幌駅までは20分~25分と、交通の便はやや劣りますが、千歳方面(千歳・北広島・恵庭)へのアクセスは便利です。

ちょっと郊外の方が好きという方におすすめです。

【SUUMO】新さっぽろ駅の賃貸(賃貸マンション・アパート)住宅

まとめ

札幌市とひとくちに言っても、エリアごとに様々な特徴があります。

子育て支援などの子育て環境や、賃料、交通の便など、それぞれの魅力を加味しながら、自分にあった「子育てしやすいエリア」を見つけてみてはいかがでしょうか。

≪おすすめ記事≫

札幌市のお部屋探しのコツとは?~移住者必見の3つのポイント

勉強ができない子の成績を飛躍的にアップさせる「たった1つの方法」

偏差値を30上げる方法~勉強ができない子の成績を上げる3つの極意

英会話教室選びで失敗しない為の3つのポイント

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク