髪の毛の痛みをケアする3つの方法 – 0円でも改善!

 

髪の痛みが気になる。

のパサつきを治したいけれど、美容室でケア(トリートメント等)をすると高いし…。

 

そんなお悩みありませんか?

 

こんにちは♪『なまらじん!』編集長のAIKOです。

 

髪のパサつきやゴワつき、枝毛や切れ毛などが目立つと、気になりますよね。

実際、「髪が痛んでいると老けて見える…」なんて話も。

 

ただ、美容室でトリートメントをすると高いし、なかなか続けられないという方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、『0円(無料)』でもできる『髪の痛みをケアする3つの方法』についてお伝えしたいと思います。

 

髪が痛むとはどういうこと?

そもそも、『髪が痛む』とはどういうことなのでしょうか。

 

髪の痛み(パサつきやゴワつき等)は、髪の毛のいちばん外側で髪を守ってくれている『キューティクル』がめくれ上がってしまうことにより起こります

キューティクルがめくれてしまうと、そこから『タンパク質』『水分』が流れ出し、髪がパサついたり、ゴワついたりします。

 

そして、ゴワついた髪同士がきしみ合い、枝毛や切れ毛も増えるのです。

 

また、キューティクルのめくれたところには、『紫外線』が直撃するので、髪の色が褪せてしまったり、さらにキューティクルがめくれたりという悪循環にも陥ります。

 

髪の痛みの原因とは?

髪が痛んでしまう原因として、主に以下の4つがあげられます。

  1. カラーリングやパーマ
  2. 紫外線
  3. 長時間のドライヤーやコテなど
  4. 髪同士の擦れ

どれも髪に悪いとはわかっていても、なかなか避けられないものばかりです。

それゆえ、『髪をどれだけケアできるか』ということが、髪の毛の痛みを改善する上で非常に重要なのです!

 

0円(無料)でもできる髪の痛みをケアする3つの方法

髪の毛をケアする3つの方法① 身体を洗う時に髪をまとめる

髪の毛をケアする方法の1つ目は、『身体を洗う時に髪をまとめる』というものです。

こちらは、ケアというよりも、これ以上髪を痛めない為の予防法とも言えます。

 

身体を洗う際に使う『石鹸(ボディーソープ)』には、キューティクルを開かせてしまう成分が含まれている場合が多いです。

 

それゆえ、せっかくトリートメントで髪にいい成分を入れたとしても、そのすぐ後に髪が石鹸に触れてしまうと、キューティクルが開き、髪の中のタンパク質などが流れ出てしまいます。

 

結果、髪がパサついたり、ゴワついたりしてしまうのです。

 

入浴中はできるだけ、髪を束ねるようにし、石鹸が髪につかないように心がけましょう。


髪の毛をケアする3つの方法② トリートメントは揉みこむ

髪の毛をケアする方法の2つ目は、トリートメントを『髪に揉みこむ』というものです。

 

トリートメントには、髪に入れるといい成分が含まれていますが、表面につけただけでは、なかなか髪の内側には入ってくれません。

 

それゆえ、優しく揉みこむようにすることで、トリートメントの成分を内側に浸透させるようにしましょう。

 

なお、トリートメントを揉みこむ際に、髪に水分がたくさん残っているとトリートメントの成分が入る隙間が無いので、トリートメント前に髪の水分をタオルで拭いてあげると、より効果的です。

 

できることから始めてみましょう。

あなたの遺伝子に合わせたオーダーメイドシャンプーを提案!『遺伝子博士』×ぴったりシャンプーコース

髪の毛をケアする3つの方法③ タオルドライをしっかりする

髪の毛をケアする方法の3つ目は、『タオルドライをしっかりする』というものです。

 

髪にとって、熱を大量に受ける『長時間のドライヤー』は天敵です。

その為にも、ドライヤーをする前にしっかりと水分をタオルで除去し、ドライヤーの時間を短縮することが重要です。

 

人によっては、身体を拭いた後に同じタオルで髪も拭くという方もいるかもしれませんが、ドライヤーの時間を短縮する為にも、乾燥したタオルでしっかりと髪の水分を取るようにしましょう。

 

なお、ドライヤーの熱が悪いからといって、髪が濡れたまま放置するのは危険です!

髪を乾かさないと、頭皮に菌などが増殖して頭皮環境が悪化します。

 

結果的に、頭皮の乾燥やニオイ、かゆみのもとにもなるので、長時間にならないようにドライヤーを使って髪を乾かしましょう。

 

まとめ

美しい髪は、見た目の印象を良くします。

髪の毛の痛みをしっかりケアして、髪質を改善していきましょう!

 

≪髪の毛をケアする3つの方法≫

  1. 身体を洗う時に髪をまとめる
  2. トリートメントは揉みこむ
  3. タオルドライをしっかりする。

敏感肌にお悩みで、原料をすべて天然由来にこだわったオーガニックシャンプー Raburoシャンプー&コンディショナー

サロン専売のお試しシャンプーセットがお買い得!

【おすすめ記事】

不器用でも簡単セルフネイル – Incoco(インココ)とは?

札幌市で女子会・デートにおすすめのおしゃれな飲食店&居酒屋≪3選≫

札幌市でおすすめの花屋は?花屋選びのポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA